_/_/_/_/_/_/ MUSIC OF DEAF _/_/_/_/_/_/
_/_/_/_/_/_/  - Winter LIVE 2004 - _/_/_/_/_/_/
トンサンのところに下のようなメールが飛び込んできてLIVEを聴きに行ってきました。2004年1月24日



聴覚障害者バンドによる、手話・歌・音楽の融合!!
そして、東京・大阪、各4バンドの夢の競演!!
新春早々彼らがアツい!!

名古屋の超有名聴覚障害者バンド、『BRIGHT EYES』。
単身での太鼓の演奏で全国を巡っている、『SEKINE MOTONARI』。
主に東京での活動をしており、地元では絶大な人気をほこる、『B.M.D(旧 THE DEAF)』。

今回を見逃すと、次にいつ見られるか分かりませんよ!!

出演バンド ・BRIGHT EYES
       参考URL: http://www.sun-inet.or.jp/~kimuyan1/BRIGHT_EYES/
      ・SEKINEMOTONARI
       参考URL: http://homepage3.nifty.com/sweet-potato/
      ・B.M.D
       参考URL:
       http://www5d.biglobe.ne.jp/~tsumaran/deaf/deaf-index.html



会場は町田のACT Hundred Hall 小さなライブハウスですが、本格的な設備があって聴衆も用意されたイスに座りきれず、100人以上いたと思います。


最初に演奏したのがスズキタクヤ
彼はルックスも声も良かった。売れるかも。
ライトで顔が見えないが(>ω<)


スズキタクヤは2曲目でアコースティックギターの弦が切れたアクシデントがあったが、エレキギターに替えて「エレキバージョン」だと言っていた。まじめな印象。


SEKINEMOTONARIの太鼓はなかなか。
独演も良かったがバンドとの相性も良かった。
太鼓の音とエレキギターのサウンドは意外と合うものだなと思った。

B.M.Dのサウンドはリードギターの音が大きすぎて、ドラムスの音が少し消されていた。音量のバランスをとると良いと思った。
ボーカルももう少し歌い込めば聞き易くなるかも。
しかし、聴覚障害者が音程を拾うのは容易なことではない。どうやって練習しているのだろうか?


BRIGHT EYES
いいサウンドだ。トンサンもノリノリ。思わず体が動いてしまう。それぞれのパートがみんなうまい。
たぶん健常者はリードギターだけだと思うが(と思ったらドラムだった)、これが聴覚障害者のバンドだと聞いたら、みんなびっくりするだろう。キーボードのリズムが少し崩れたときがあったが、ベースやドラムと違ってリズムを取るのはむずかしいのだろう。すごい。テレビに出演するのも当たり前。


女優の竹下景子さんもライブの応援に来ていた。
すごく気さくな感じでみんなと話している。
テレビで見るより背は低く、タレントという距離感を感じなかった。(赤い服の人)


会場には竹下景子さんからの生花が。

スズキタクヤの動画(624K)

BRIGHT EYESの動画(1.4M)


聴覚障害者のバンドを聞いて思ったこと。
曲の内容はバラードよりロックの方が合う。
手話を付けてゆっくり歌うバラードより、ビートを聴かせたアップテンポのロックの方がいい。
胸を打つ曲より、体を揺さぶる曲の方がいい。
・・・なんてトンサンが勝手に評価してしまってごめん!!
ずいぶん久しぶりにライブの体感を味あわせてもらった。ありがとう。
これからも腕を磨いて、いいサウンドを作っていって欲しい。