平成22年度の活動(その2)です
2010年7月 白糸の滝 バス研修会
7月3日(土) 今年のバス研修会は富士山を1周してきました。
コースは 東名高速 足柄SA(サービスエリア) → 富士IC(インターチェンジ) → 白糸の滝 → まかいの牧場 → ちょっと寄り道 → 鳴沢 道の駅 → 御殿場IC → 足柄SA
参加はろうの人3人を含む27人。バスはいつもの「ともしび号」 

残念ながら天気予報は今日は雨。梅雨の真っ最中では仕方がありませんが、みんなの行いが良かったせいか、外を歩いているときは雨は降らず、建物の中でチーズ作り体験をしているときに降ってきました。
トンサンはチーズ作りにすっかり夢中になり、写真を取り忘れてしまいました。残念。


おなじみの「ともしび号」

おなじみの介護員さん(ガイドさん) 足柄SAから出発するところ


音止めの滝


滝しぶきが谷間に漂っています


この辺の木々は苔むしています

白糸の滝へと下ってきたところ。この川には金色の鯉(コイ)が。いや、鯉じゃなくて大きな金色の鱒(マス)だそうだ。


マイナスイオンを浴びる人達


Sさん「ねぇ、お願い写して」 Iさん「あいよ」


「はい、チーズ」・・・は、これから作るんだけど


「すずしいねぇ」

Kさん「滝を見ると酒が飲みたくなるなぁ」
Sさん「水しぶきがおいしそうね(*^ω^*)」


Kさん「これはなんや?」


さぁ着いたぞ。いよいよ楽しみの昼食だ。

昼食はここ「まかいの牧場」で。入口で口蹄疫(こうていえき)対策の薬を含んだマットを踏んで入る。


ジンギスカンだ、わーい。


お肉はたっぷりありました。みんな食べ切れたかな。


羊が放牧されています。牧草の緑がきれい。


買い物もいっぱいしたぞ。イェーイ!


鳴沢 道の駅ではちょっと富士山が・・・

手作り作業中の写真を取り忘れたので、家へ帰ってきてから写したトンサン・Kさん合同の手作りチーズ・・・ちょっとすっぱい。

白糸の滝 全景

バスの中での酒盛りを我慢して頑張ってくれたKさんを初め、Sさん・Fさん・Snさんたち幹事の皆さん、ありがとうございました。
今回のチーズ作りもそうですが、今まであゆの会やろう協で行ってきた研修旅行で、体験するイベントがあったものが印象に残っています。「そば打ち」「和菓子作り」「かまぼこ・ちくわ」そして今回の「チーズ」・・・体験はいいですね。
「チーズ作り」がこんなに簡単にできるなんてビックリ。
これからも色んな体験が入った研修旅行に期待します。(⌒ω⌒)



2010年7月 ろう協主催のボーリング交流会と納涼会
7月10日(土) 厚木市聴覚障害者協会主催のボーリング交流会と納涼会が行われました。トンサンは納涼会に参加してきました。

ボーリング交流会
ろう者半分健聴者半分で15名の参加。今年も「赤い風船ビル」で行われました。
2ゲームで争って、優勝したのはTさんご夫妻。なんとそれぞれご夫妻で優勝。すごい!!

納涼会
同じ日の夜は「納涼会」ろう協・あゆの会・その他合わせて49名の参加。
「厚木アーバンホテル」の90分飲み放題・食べ放題のコース。こういう飲み会じゃないと会えない人も大勢いるんだよね。
みんな大いに飲んで、食べて、話せたかな?  なぜか、お酒が入ると手話も流(りゅう)ちょうに。
(^ω^)/□☆□\(^ω^)



2010年9月 高山 智恵子氏 講演会
9月5日(日) 厚木市聴覚障害者協会とあゆの会の共催で、NHK手話ニュースキャスターの高山智恵子氏に来ていただき講演会がありました。場所はパートナーセンターの集会室です。
聴講したのはろう協・あゆの会会員の他に海老名市「さつき会」・伊勢原市「やまぶき会」・座間市「星の会」・秦野市「秦の会」と近隣の手話サークルの人達も参加され、130名以上の盛大な講演会でした。

高山氏はろうの両親を持つ健聴者(コーダと言う)です。ニュースキャスターであるとともに大学にも在籍している努力家です。
高山氏の講演はとびきりの表情豊かな日本手話で行われました。(やはり芸能人はちがうなぁ・・・キャスターは芸能人じゃないか)
恥ずかしながらトンサンは、パワーポイントの箇条書き説明の画面を見ながら、半分程度理解ができただけでした。
ろうの人が声を上げて笑っているところで、内容が理解できないのでいっしょに笑えません。くやしい。

講演は「わたしの生い立ち」と言うテーマで、手話を覚えたきっかけ・二十歳で家を追い出されたこと・ボーダフォンの店長になったこと・ボーダフォンで手話教室を始めたこと・現在大学生であること・渋谷区の手話通訳士をしていること・日本語を学びたいろう者を応援したいことなどを話されました。
「衣装はどうしているのか?」など聴講者の質問もいっぱい受けていました。
講演が終わって交流会に移(うつ)り、高山氏を囲んで円陣になり、ここでも積極的なろう者たちから、いっぱい質問が出されました。
高山氏はそれらの質問を通訳してくれ、ここでは日本語対応手話を同時に使っていました。うん、これなら少しわかる。
交流会に参加した人達で記念写真を撮って高山氏とお別れしました。

写真がどれもピンぼけだったので、小さく載せています。高山氏のはっきりとした写真は撮れませんでした。かわいい人だったのに残念。


司会はろう協F君、開会の言葉は夜の部Yさん


とっても表情豊かに手話される高山氏


広い集会室も満員です


みんな真剣な眼差(まなざ)しで手話を見ています

パワーポイントの画面があったので、トンサンは半分理解できた


交流会は輪になってお茶菓子を食べながら


ろう者の質問を通訳してくれる高山氏


高山氏を中心にみんなで記念撮影
 



 平成22年度の活動(その1)へ平成22年度の活動(その3)へ