工作6

2007年12月9日 テールライトの改良  
通チャリ2号のテールライトは100円ショップ「ダイソー」で買った自転車用テールライトを改造無しで使っていた。
このライトは横についているスイッチを押す度に点滅モードが7通りに変わる。でも使うのは単純な点滅モードだけなので、スイッチを何度も押さないと消すことができず不便だった。

と言うことでハートランプ(デコレーションランプ)の点滅を利用して点滅させることにする。
これによりBOXに付けたトグルスイッチでハートランプと連動して点滅できる。
と言うことでBOXの回路は下図のようになった。




2007年12月9日 ダイナモ直接LEDライトの改良  
ちょっと暗いなぁ・・・と言うことで電流制限抵抗を50Ωに変えてみた。

これでしばらくテストしよう。
追記 約100km走って異常なし。


2007年12月9日 クリスマスデコレーションライトの改良  
クリスマスなのでまた「ダイソー」でデコレーションLEDライトを買ってきた。今度はハート型ではなく☆型である。
色も赤。でも単純な点滅の繰り返しなので面白くない。
と言うことで自転車テールライトの7変化点滅を利用することにした。
自転車テールライトLEDはLEDが5つ付いていてパターンに会わせて一つずつ点滅する。
なので、ここにデコレーションライトのLEDを2個ずつ並列接続し、一緒に点滅させることにした。
改造はうまくいって7通りのパターンで点滅するのでなかなかいい。

.
2007年12月31日 LED変色ライト たまご  
前に「シルク」で見つけた色が変わる卵形ライト、こんどは今日行った店「セリア」で別のメーカーのものを見つけました。
面白いのでまた買ってきてしまいました。
 
こちらの方は下半分も卵形のままで、上下が接着されていて外せられないようです。スイッチは底の部分に小さなスライドスイッチが付いています。(シルクのライトは押しボタンスイッチだった)
どちらのライトも色の変わるスピードは同じ様です。
さて これを何に使おうか、明かりを落としてライトの色を楽しみながら、発泡酒を飲んで考えています。(*^ω^*)


2008年1月3日 自転車ダイナモ発電LEDライト(直流変換式)(自転車ライト第5弾)
基本的には第3弾の「自転車ダイナモ発電LEDライト」と同じである。
が、今度はもとから付いているライトのケースにLEDを組み込んでみた。
第4弾の交流そのままライトの方が効率がよいのだが「スーパーライト3LED」を1個電球の穴に入れると丁度良く収まるので直流変換式とした。
「スーパーライト3LED」は「セリア」で購入。105円。
 
LED付きの基板をつかう。LED基板は銀メッキしてある反射筒の反対側から差し込むと電球の穴に差し込める。
回路は下図の通り簡単なもの。
抵抗とダイオードはリフレクター(反射板)とケースの間にビニールテープで固定する。
LED基板も電球の穴に差し込んだらテープで固定。

(ハンダ付けを外せばもとの電球タイプに戻すことができる)

外観で違うのは電球の変わりにLEDが付いているところだけ。

(タイヤと摩擦するところは音を小さくするために青いビニールホースをはめてある)

12LEDの方はコンデンサを入れて平滑しているが、これは全波整流した脈流のまま。

第3弾の「自転車ダイナモ発電LEDライト」は12LEDだが、これは3LED。果たして実用になるだけの明るさになるかどうか。

2008年1月26日 追記
ところがこれが結構明るかった。と言うことでおかあの自転車も同様にLED化。これで我が家の自転車はみなLEDライトになった。
2008年3月16日 
これの製作マニュアルを掲載