工作39



地デジ対策-2台目の32型テレビ購入
2010年9月4日 
今年5月に居間の15型ブラウン管アナログテレビを、32型デジタルテレビに替えた。
このテレビを見ると、今まで寝室にある15型デジタルテレビでは感じなかった画面のきれいさを知った。そして情報量が多く、脇役の人の演技もよくわかるようになった。15型デジタルテレビでは感じなかったデジタルの良さを知ることとなった。
それで食堂にある15型ブラウン管アナログテレビも、同じ大きさのデジタルテレビに替えたいなと思っていた。
政府のエコポイントは延長されそうだったが、9月の決算期でヤマダ電機で5台限定の安売りをしていたので「今が買い時だ!」と、オープン1時間前からおかあとま〜ちゃに並ばせて、買って来てもらった。
実はトンサンは同じ日のケーズデンキのエアコン5台限定特売に、自転車で行って並んでいたのだ。到着がオープン30分前で、こちらはすでに20人以上並んでおり、お目当てのエアコンは売り切れだった。

さて32型デジタルテレビはめでたく購入できた。エコポイントを引くと4万円しない。ヤマダ電機のポイントも1万円くらい付いた。
5月にケーズデンキで買った32型テレビは、配送してくれて2人の人が開梱・設置・設定・梱包材引取までしてくれたが、今度は自分でやらなければならない。トンサンがやるには特に問題ないが、お年寄りのみの家庭では大変だろう。

今まで15型ブラウン管アナログテレビはこの電話台(青矢印)に乗っていた。32型も高さはこの台が良い。
台よりも足の幅が大きいのでそのままでは乗らない。台の上に板(黄色矢印-黒く塗装した)を釘止めした。
割とキチンと乗ってはいるが、倒れたら大変。鴨居から針金を引っ張って転倒防止とした。
工作といえるものではないが、いつ買ったかの記録として載せておこう。

これでトンサンの家はテレビ5台の内4台が液晶、そのうち3台が地デジテレビとなった。
ブラウン管は15型テレビ1台・使わなくなったパソコン(Performa575)1台、そして今でも現役で使っているiMac1台となった。
ブラウン管がトンサンの家から無くなるのもカウントダウンに入ったのかな。



MRワゴンのスペアタイヤ固定ネジ作成
2010年9月11日 
「無くしてしまったので、廃車があったらとっておいて欲しい」とディーラーに頼んでおいたのに、いっこうにやってくれる気はないようだ。どうも他のディーラーで購入した車では専任の営業マンもつかず、サービスが悪い。
仕方がないので作成した。


最初に完成写真

材料はみんな家にあったもの。ネジはベッドを分解したときに取っておいた頭の平べったいネジを使った。ドライバーなどの工具を使わずネジを回せるように、樹脂のつまみをネジ止めして取り付けた。

元からあったネジと違って、金具・ワッシャー・ネジがバラバラになってしまうので、使い勝手が悪いがしょうがない。
昔なら解体屋へ行って他の部品と一緒に手に入れてくるのだが・・・