工作28



ま〜ちゃの通チャリ1号整備とメリダのかご改善
2009年12月2日 
ま〜ちゃの通チャリ1号を拭いていたらかごが錆びてきている。チェーンカバーも錆が出てきている。
拭いただけではダメなので、それぞれ塗料を塗った。
ついでにメリダのかごの中も何とかしよう。メリダのかごの中には100円ショップで買ったウレタン付きのレジャーシート2枚を入れている。これはかごの目が粗いためにかごの中の荷物が痛まないようにするためと、石の上で冷たくないように座るためだ。そのほかにもトートバック、ナップザック、ポリ袋数枚が入っている。
これだけでかごの中が半分埋まっていて、買い物した品物が余り入らなかった。
そこでかごの底はレジャーシートを何枚か重ねて入れ、内側にはレジャーシート一重を両面テープで貼った。
石の上に座るときは携帯用の座布団を入れておくことにしよう。


通チャリ1号のチェーンカバーを塗装


通チャリ1号のかごも塗装
泥よけステーゃ鍵も黒く塗装して少し新しくなった通チャリ1号

メリダのかごの中にレジャーシートを貼る。写真を撮ったら昼なのに白いウレタンがまぶしいせいか、ストロボを使ったような写真になった。


携帯用の折り畳み座布団を、広げて入れておく。



メリダにブレーキランプ搭載
2009年12月13日 
メリダに新しい機能搭載。それはブレーキを掛けたときにブレーキランプが点滅するようにする、前から暖めていたブレーキランプ構想。やっと頭の中で具体化し、今日の工作となった。
通チャリ2号ではストップランプとして、ブレーキを掛けるとリヤ点滅ライトが点灯に変わるようになっていた。でもそれはあまり目立たず、効果があるのかな?だった。
そこでメリダではリヤ点滅ライトとは別に高速で点滅するライトを設置することにした。
利用したのは2007年11月に100円ショップシルクで買った「スポークライト」

これは自転車のスポークに取付け、振動を感知して13秒間高速点滅し、自動消灯するものだった。
LEDライトが緑色のものを買ったのだが、その時赤い色のもあった。現在このスポークライトは店頭には並んでおらず、入手できない。手持ちの赤いLEDを使うことにした。
今日は曇りで寒い1日だったが、意を決して実行。

スポークライトを分解。ボタン電池の受けを外す。電源はメリダのテールランプの電源と同じところから取るので赤・黒線をつなぐ。中央の2つ穴の開いた金具は振動するとショートするスイッチ。これを外した端子にブレーキに連動するマイクロスイッチの線をつなぐ。

スポークライトに付いている「泡の入った円柱棒」を外し、両端に穴を開けて赤LEDを接着する。

両端に赤LEDを取付、テスト点灯する。

メリダのBOXにスポークライトのユニットを取り付ける。固定はホットメルトで行った。

BOXのふたにスポークライトの「泡の入った円柱棒」をホットメルトで固定する。

点灯させるとこんな感じ。昼間なので目立たない。

マイクロスイッチの板バネをVブレーキの可動部に当てる。リヤブレーキを掛けたときにON、ブレーキを掛けないときにOFFになるようにマイクロスイッチを取り付ける。

マイクロスイッチの板バネがブレーキの棒バネに当たっているところ。

上から見たところ。マイクロスイッチは、手作りした板金を介して泥よけの取付ボルトに共締めした。
一般の自転車にはウインカーなど無いので、メリダのウインカーもオートバイのウインカーのようには認識されないようだ。もっとも昼間は目立たないが。
今度搭載したブレーキランプもブレーキを掛けたと認識されないかもしれない。
しかし鈴木研究所としてはソーラーパネルやハブダイナモで発電した電気を有効に生かしたいのだ。

で、メリダの電装品回路図はこのようになりました。

メリダ回路図7



SW1接触不良で交換
2009年12月20日 
リヤ点滅ライトが点いたり点かなかったりしだした。原因はスイッチ接点の接触不良のようだ。
スイッチを交換しようとしたが、同じ2回路2接点の手持ちの物がない。
回路を見直してみると2回路のスイッチを使う必要はないので、単回路のスイッチにした。接触不良にならないようトグルレバーのところにグリスを塗って置いた。で、回路図は次のようになった。


メリダ回路図8


おかあの自転車のライト交換
2009年12月23日 
おかあの自転車の12LEDライトに何かが当たって、樹脂が割れてぶら下がっていた。実は以前にも同じことがあり修理してあったのだが。
どうも前かごの下に付けていると何かに当たりやすいらしい。
前かごステーのランプ取付部分(ふくらんだところ)に付けるようにしよう。
と言うことで暫定で写真右の2LEDライトを取り付けた。しかしこれはあまり明るくないので、壊れてしまった3LEDライトBLACKのヘッド部分を使おう。
写真のように赤いペットボトルのふたをした。これをおかあの自転車に針金で固定した。
かなり明るいので過電流で壊れることが心配。でもまぁ壊れてもまだ105円で売っているし。

左 今まで使っていた12LEDライト  右 臨時で使った2LEDライト



壊れてしまった3LEDライトBLACKのヘッド部分を使う


3LEDライトBLACKのヘッド部分を使う
赤いキャップは焼酎の4リットルペットボトルのふた


取付は針金で固定