工作24



チェーンクリーナー第2弾を製作
2009年10月2日  
前回製作のチェーンクリーナーがあまり効果がなかったので、第2弾を製作。
今度は市販品と同じように回転ブラシにしたから、ケースに溜まったパーツクリーナーを有効に使えるはずだ。
回転ブラシが回転すればの話だが。(@^ω^@)


100円ショップで買ったロールブラシ

髪の毛を巻き付けるための角?が出ているので、ブラシの長さまで切る。

粗悪品で使えなかった日立マクセルのCD-Rを利用する

CD-Rを切ってガイドプレートとしたものにブラシを2個取り付ける。ケースにはチェーンが入る溝を切る。

ブラシ2個をガイドプレートに固定してしまうとチェーンが通せないので、プレートに溝(黄色矢印)を切り、回転軸となる木ねじが差し込めるようにする。

ケース内に納めたところ。
黒い線はこの位置でチェーンを入れて、ケースを傾けてブラシがチェーンに食い込むようにする。

蓋をして使用する。


2009年10月10日使用してみた。

まずブラシ1つをガイドプレートから外し、チェーンをブラシの間に入れる。

下ケースをはめる。

上蓋をしてパーツクリーナーを吹きかける。
チェーンを回転させるとブラシが回転し、下に溜まったパーツクリーナーを巻き上げて有効利用できる。

はずだったが失敗
チェーンとブラシの角度決めが難しく、ブラシが思うように回転しない。蓋とケースの隙間から汚れたパーツクリーナーがしみ出てきて手が真っ黒になった。

結論として手が汚れただけではなく、ほとんどきれいにならなかった。またチェーンの逆回転はフロントスプロケットからチェーンが外れやすく、外装式ギヤの自転車には向いていない。
チェーンの清掃道具はまだまだ考えねばならない。難しい研究テーマだ。(・ω・;)


もっと明るいライトを
2009年10月8日  
充電式の9LEDライトが明るくない。メリダ標準のオートライトに比べて点いていないのか? と疑うほど暗い。やはり普通のLEDではハロゲン電球にかなわないのか。
単一乾電池4本を使った大型の懐中電灯は明るい。この明るさが欲しいな。
大型の懐中電灯は乾電池4本なので6Vなのに電球は4.8V用を使っている。これでも電球は切れないようだ。
大型の懐中電灯を自転車に付けてみよう。充電式にするにはと・・・
初代8mmビデオ(ビデオカメラのページに出てくる)で使っていたバッテリーがある。SONY NP-22H ニッケルカドミウム6V 1800mAhだ。容量が大きいのでフル充電できれば長く点灯できるのではないか。
古いので使えるか(なにしろ20年以上前のバッテリーだ)まず自転車で充電テストをしてみよう。バッテリーに自転車で充電するためのケーブルをつなぐ。

メリダに搭載し、26km走って充電テストをした。充電開始前の電圧は4V。時速8km〜25km位まで充電電圧はほぼ一定で7〜7.2Vで充電をしていた
6Vのバッテリーなので丁度良いだろう。
自転車を降りてから懐中電灯をつけ、電圧の変化を見た。
無負荷時 6.7V
点灯開始時 6.5V
7分後 6.0V
17分後 4.4V
20分後 3.2V
35分後 3.0V
40分後 1.5V
たった40分でライトは点かなくなった。使えるのは7分くらい。
やはりバッテリーが古いからだろうか? ニッケルカドミウムなのでメモリー現象と言うこともある。もう少しテストしてみよう。


2009年10月9日〜10月26日  
メリダでの走行距離を伸ばしたり、テスターを2台使って消費電流と電圧を同時測定しながら、充電状態をチェックしてみた。

10月10日    10月19日 

94km
10月23日 

13km

消費電流
11月3日 78km

15分後

5.4V

410mA

無負荷時

6.7V

無負荷時

6.5V

無負荷時

-

0mA

無負荷時

7.0V

0mA

20分後

5.3V

440mA

点灯開始時

6.6V

点灯開始時

6.5V

点灯開始時

5.7V

480mA

点灯開始時

6.0V

500mA

30分後

5.4V

410mA

23分後

4.6V

14分後

6.1V

2分後

5.5V

460mA

2分後

5.5V

480mA

50分後

5.1V

410mA

43分後

2.8V

35分後

5.9V

8分後

4.0V

410mA

4分後

5.4V

475mA

70分後

5.0V

410mA

 

 

60分後

5.6V

14分後

3.0V

350mA

6分後

5.4V

470mA

90分後

4.6V

400mA

 

 

90分後

3.1V

30分後

2.6V

335mA

10分後

5.4V

470mA

100分後

3.3V

280mA

10月23日
100km位走行すれば1時間は点灯できる。しかし100km位の走行充電で満充電できているかどうかわからず、もう少しテストを続けよう。
11月3日
何日かに分けて走って計78kmだと思ったが、一番長持ちし、1時間30分明るく点灯していた。
結果、何日か昼間充電しておけば1時間30分はライトとして使えそうだ。



外棚を製作
2009年10月11日〜12日 
チェーンクリーナーもライトの充電もやりかけだが、今度は家の外に棚の製作。
目的は南側出窓の下の物置を一部無くし、鉢植えを置くスペースを作ること。これは「おかあ」からのリクエスト。
物置のいらないものを整理しても空きスペースは作れないので、家の外東側に棚の製作となった次第。
隣家のブロック塀との間は70〜90cm程しか無く、物の出し入れはできるのかというほどの狭さ。
しかしここしか棚を作る場所はないので何とか作ってみよう。
棚ができても南側に鉢植えを置くスペースを作ることまであるので、長い工事日程になりそうだ。


このスペースに棚を作る


地ならしをし、ブロックを水平に置く


使っていない古いはしごがふたつ。これを利用する


柱として使う。古いはしごは釘など使わず、くさびで組み立てられていて分解するのは簡単。先人の知恵だな。


はしごをこのように利用する


1×4材6本と家にあったあまり板で棚をつけた

ここまでの材料費
軽量ブロック6個・・・600円 (1個使わず)
1×4材6本・・・1068円