工作13 つっかけペダル製作



2008年11月15日   
先日 裏ヤビツ峠を内装3段ギヤの通チャリで登った時に、3回ほど押し歩きしてしまった。
SPDペダルと言って靴とペダルをドッキングして「引き上げ力」も有効に使うペダルがある。(ビンディングペダルとも言う)
これに取り替えれば良いのだが、靴も特殊なものになってしまい、値段も高い。
いつか町田のイトイサイクルで皮のひもでできたビンディングペダルを見たことがある。少ないネット情報によると昔のビンディングはこのタイプで、足を外しにくいそうだ。

う〜ん それならと考えたのがこれ「つっかけペダル」皮と違ってペダルに固定されているので、足が外しやすいのではないか。
早速作って試乗してみよう。



5mm径のアルミ棒を買ってきてスニーカーが入るように形を作る。ペダルの左右を確かめて取り付ける。
アルミ棒は思ったより柔らかいので、足を思い切り引き上げたとき変形しそうだ。さらに板状ではなく丸棒なので足が痛いのでは・・・
それよりもアルミ棒の重さでペダルは水平にならないので、乗車時はコツがいりそうである。
さてどうなるか・・・
2008年11月16日
使ってみた。意外と良かった。まずうまくペダルがはまるかだが、意外とうまくいった。停車時にまず右足をはめておいて漕ぎ出しの左足はリングのない方で踏む。スピードが出て安定したら、ペダルを見ながらペダルの上端をスニーカーのつま先で後ろへくるっと回転させるとリングがはまる。
慣れると見なくてもはめられる。
外すときも不安無く外すことができた。

さて効果だが、これも意外に良かった。平坦路でも引き上げ力で加速が速くなる。引き上げ力だけで前進できそうだ。
では問題の登り坂は・・・
ここはローギヤで無理すれば登れる、ただし歩くよりスピードは遅い、かろうじて立ちこぎしないで済むと言う坂だ。
やはり大変なことには変わりない、しかし歩くスピードより速く登れる。途中で自転車の中学生3人を追い越すことができた。
まだ押し出す力と引き上げる力を同時にうまく使えないが、慣れればもっとパワーが出せそう。

はまり具合は足が前へ行きすぎるので、もっと高さを低くした方がよいが、信号待ちで左足を着地したとき、右足は少し外側にねじれたようになる。ちょっと余裕がある方が良いのでこのくらいの高さ余裕がある方がよいのかもしれない。
またすぐに足を外すことができるという安心感もある。
しばらくこの状態で乗ってみよう。
2008年11月29日   
また上から踏みつぶしてしまい、アルミ棒は折れてしまいました。
それなりの効果はあったが、作りが悪く強度不足でした。
(≧ω≦)



つっかけペダル第2弾
2008年12月3日   
アルミ棒を使ったつっかけペダルはそれなりの効果を発揮したが、弱すぎた。
今度はとおるさんに紹介してもらったパワーグリップを参考にベルトタイプで製作した。
紹介してもらったパワーグリップを自作した人(
鈴木まーさん)の自作記事のサイト
http://www.geocities.jp/good4u/power_grips.html

トンサンの自転車のペダルはママチャリの樹脂でできたペダルだが、とりあえず鈴木まーさんの記事のように作ってみた。

写真の右にあるのが鈴木まーさんの様に作ったもの。ところがベルトが堅すぎて2つ折りすると足が入らなかった。
で、2つ折りにせずに使ってみることにした。
前回のつっかけペダルの強度不足から、ビスとナットを3mmから5mmのものに変更し、厚手のアングルで補強しながら幅を広げられるようにした。ベルトの取付はごく素直に弧を描くだけ。

【使ってみた】
今回試しに作ったのはアルミ棒つっかけペダルの壊れた左足ペダルだけ。右側はいままでのアルミ棒つっかけペダル。
左右の比較ができていい。(*^ω^*)
少ししか乗っていないが、アルミ棒に比べて足に密着し、すこぶるいい感じ。
足を外すのはすぐに外せるので心配ない。しかし、足をはめるのは難しい。一度ベルトの上を踏んづけてしまうとつぶれてしまうので、降りて直さねばならない。
でもアルミの丸棒に比べると平面で足の甲に当たるので、ずいぶんペダルが軽く感じられた。
これはいい。すぐに右側ペダルも作ってみよう。
前回走行中にビスを紛失したので、今回は写真のビス・ナットを工具入れに入れておこう。

2008年12月6日   
と言うことで右足用も作ってみました。

右足用は締め具合を調整できるようにベルトのバックルをそのまま使った。(*^ω^*)

バックミラーもぐらぐらしていたので作り直した。

利用したのはカメラの取付台。

さてつっかけペダルベルトとミラーそれとヘルメットの3つをテストしに遠くの100円ショップまで行く。
ヘルメットにはやはり「ひさし」が欲しい。特に冬場は日が傾いているのでまぶしい。絶対「ひさし」は必要だ。
早めにひさしを付けよう。
つっかけペダルベルトは足にぴったりフィットしていい感じ。自分のパワーがアップしたように感じる。
バックルは必要ないな、足のサイズが決まっているので。でもしばらくこのまま使ってみよう。
ミラー第2弾もしっかり固定してぶれたりもしないのでいい感じ。強いて言えば、走行中にも角度調整できるともっと良かったな。