工作10 やっと自転車ウインカー(自転車用方向指示器)が完成した。



2008年6月24日 ウインカー実働テスト  

いよいよ自転車に取付け実働テストだ。
が、うまく動かない。
---------------------------------------------------------------------------------
1. 前だけ取り付けして電池で動かしたときはうまく動くのに、後ろを取り付けたら前中央の青LEDが光らなくなった。
左右のウインカーは前後ともちゃんと点滅している。

2. 電池OFF(SW1 OFF)の時モーター発電電気では左右のウインカーが付かない。前中央の青LEDと後中央の赤LEDはタイヤの回転が速ければ点滅する。
---------------------------------------------------------------------------------

最初は誤配線かと思って調べたが、配線ミスはなく、原因不明。
ではやはりパワー不足か・・・・そうだった。1番の問題「青LEDが光らなくなった」は点滅回路のパワー不足だった。
左右のウインカーの点滅は前後で6LED・・・これは点滅できる。でも前中央の青LEDと後中央の赤LEDの合計は9LEDなので無理があるのだろう。これは点滅回路をもう一つ増やし前後点滅を別回路で行うことで解決した。さらに前中央の青LEDの点滅は止められるようにした。目的は「ちょっと目立って恥ずかしいな」と言うとき止めることと、普段走行中は点滅しているのであまりパワーを食うとバッテリーに充電できないのではと考えてSW3を追加した。

問題2の「電池OFF(SW1 OFF)の時モーター発電電気では左右のウインカーが付かない」もパワー不足だった。
左右のウインカーを付けるときはリレーを働かす。そのリレーにパワーを食われるようだ。
これは解決方法として、9LEDヘッドランプのLEDを減らしたり、DC-DCコンバーターの並列接続(そんなことできるのか?)が考えられるが、SW1をONにすれば正常動作するので当面このまま様子を見よう。
走るときにSW1をONにすればいいし、ウインカーなので永くは付けていない、バッテリーも減らないだろう。

と言うことで点滅回路を追加し、前後の青&赤LEDを分割した回路が完成。
2008年6月24日 ウインカー修正回路完成 

 

ウインカー回路図2


で、装着したのが下の写真。

【左上】 前中央青LEDとハンドルに取り付けた左右のウインカー

【右上】 後中央赤LEDのテールライトとBOX左右に取り付けたウインカー

【左下】 コントロールBOXとウインカーを上から見たところ



動画も見て下さい。
昼間 前から見たところ (538kB)

昼間 後ろから見たところ (1279kB)

夜 前から見たところ (1403kB)




2008年6月30日 ウインカー回路変更

実働テストの結果、夜間ではウインカーは右左のどちらが点滅しているかわからないことが判明。
これは左右のウインカーに切り替えたとき、中央前後のLEDを消灯しているためだ。
と言うことでウインカーにしたときは、中央前後のLEDは点滅を止めて点灯に切り替えることにした。
で変更したのが下の回路図。



ウインカー回路図3


バッテリーがどのくらい持つかこれでしばらくテストしてみよう。



2008年7月5日 ウインカー回路再び変更 手元スイッチ追加  

中央前後のLEDを点滅を止めて点灯に切り替えることにしたらパワー不足で、ウインカーも中央前後のLEDも暗くなってしまった。
中央前後のLEDが暗くなるのはいいが、ウインカーが暗いのではしょうがない。
と言うことで点灯する回路を取り去った。
また使ってみてわかったが、ハンドルにも体重をかけているので、ハンドルから手を離してコントロールBOXのスイッチまで手を移動するとき、どうしても上体を起こしてしまう。ウインカーを出すときはハンドルから手を離さないようにしたい。
と言うことで前のウインカー「スーパーライト3LED」のスイッチを生かしてこのスイッチを入れたときも点滅するようにした。
ただし中央前後のLEDの点滅は止められないので(リレーがコントロールできない)またパワー不足になるかもしれない。
それとパワー不足解消のためにヘッドライトを9LEDから2LEDに交換した。外した9LEDはダイナモ発電機の方に取り付けた。

ウインカー回路図4



2008年7月9日 ウインカー回路さらに変更 点滅回路を追加して3つに  

本題に入る前にこんなライトを見つけて買ってきました。「レインボーフラッシュライト」105円
パッパッパッパピカーピカーっと7色LEDが色変わりしながら光ります。
たまごライトはじっくり変色するのに対して、こちらはパッパッと切り換え。丸い部分は多面カットされていて、天井や壁に7色の光りが飛び散ります。いやーこれは面白い。さっそくま〜ちゃはカラオケで使うと持っていってしまいました。
セリアのおもちゃ売場で見つけました。もう一個買ってもいいな。


さてでは本題。ウインカーの手元スイッチを追加したが、前後中央のLEDをリレーでカットできないので中央もウインカーも点滅させたのではパワー不足になるかもと懸念していた。
果たしてそれは当たっていた。同時に点滅させるとウインカーが点かなくなる。
ということでウインカー用の点滅回路と後ろ中央の赤LED用の点滅回路を別にすることにした。
急遽ダイソーでクリスマス点滅ライトを購入。こんな時期でも売っているのがうれしい。
で下の回路図となった。

ウインカー回路図5

30kmばかり走ってテストしたが、走行中の電圧が最初は4V指していたものが3Vになってしまった。
なんだこれは、バッテリーの放電が、充電よりも多いと言うことか?
前の青LEDは消していたのに。う〜んもうしばらく走って様子を見てみよう。

この回路で使っている「DC-DCコンバータ」と「点滅回路」は「気の迷い」さんのサイトを参考にさせていただきました。
「DC-DCコンバータ」と「点滅回路」については「気の迷い」さんのサイト(下記)をご覧下さい。

「DC-DCコンバータ」
携帯電話充電器をDC-DCコンバータにしよう!
「点滅回路」
100円ショップパーツ流用 自転車LEDライトの点滅改造