ライティングボックスを作ろう
小物を上手に撮影するためにライティングボックスを作ろう。ライティングボックスの中で撮影すると影が無く、きれいな写真が撮れますよ。

ライティングボックス無し

ライティングボックス有り


左側はライティングボックス無しでバックペーパーだけで撮った写真。照明は後方からと右前方の2箇所から当てたのですが、どうしても影が残ります。
ライティングボックスの中で撮影すると光りが拡散し、影が付きにくくなります。

でもぐい飲み茶碗の様に光量が足りなくて暗くなったりもします。
またミニーマウスのように「つや」が無くなったりもします。
この辺は何度か撮影して光りの当て方を工夫する必要がありそうです。

それでも市販品のライティングボックスは1万円位します。
500円以下で作ってみましょう。
材料 ●ボックス ・・・・・・ 段ボール箱 スーパーからもらってくるので0円
   ●反射板 ・・・・・・ お風呂用 アルミ保温シート 100円
   ●バックペーパー ・・・・・・ 色上質紙 100円
   ●拡散板 ・・・・・・ トレーシングペーパー 家にあったので0円
   ●ガムテープ ・・・・・・ 家にあったので0円
というわけでトンサンの場合かかった費用は200円 (*^ω^*)

段ボール箱は全部開き、バックペーパーを写真のように内側から出す。

バックペーパーの大きさはライティングボックスの底面になる部分の長さ方向を2倍取ったものにする。理由はアールをつけてたるませることと、後部・前部で折り返すため。

箱の左右側面には反射板(アルミ保温シート)を貼る。

天面は2cm位の枠を残して切り抜く。
(四隅を丸く切り抜けば箱の強度は落ちない)
そこにトレーシングペーパーを貼る。
これで完成。

工作というほどのものじゃなく、とっても簡単ですね。
なお バックシートを挟んだ後面のガムテープを、貼ったりはがしたりできるように工夫すれば、折り畳みができるので収納に便利です。