装備2

備えた日

なにを?

購入先と価格

感想
2007年9月 帽子のひも
バラエティショップ
105円
これまで帽子が3回飛んだ。
そこで帽子にひもを付け、ひもを首に掛けた。
2007年9月 取り外し可能な束線バンド
100円ショップ ダイソー
105円
デコレーションライト(ハートライト)の本体(電池BOX)を固定する。
2007年9月 ヘッドライト−充電 切り換えスイッチ
スイッチやLEDは家にあったもの
0円
ケースは目薬のケース。
それを自転車のハンドルに固定しているものは余っていたバックミラーの取り付け台。
2007年10月 二つ目の手袋
ワークマン
780円
同じメーカー(YUASA)のほとんど同じ手袋が安い。
思わず予備として買ってしまいました。
名前は「パンダグリップ」
なんでももう生産中止品だそうで、在庫限りだそうです。

でも今使っているものと、よく比べてみるとやはりつくりは安っぽい。まぁ、値段からして仕方ないか。
2007年10月 帽子クリップ
100円ショップ ダイソー
105円
「帽子のひも」を買って使ったら帽子は飛ばされずに済んだ。しかし、飛んではいかないが、走りながら片手でかぶるか、止まってかぶらなければならない。
と言うことで帽子がはずれないよう「あごひも」を買った。
説明書では「帽子クリップ」の使い方は「帽子のひも」と同じだが、トンサン的使い方はこれを短くしてあごにかけ、帽子がはずれないようにして使う。
使ってみると帽子ははずれず、効果抜群だった。
2007年10月 サンバイザー
家にあったもの
0円
つばある帽子やサンバイザーは必需品である。これがないとまぶしくて朝日や夕日の中を走れない。
サンバイザーには上の帽子クリップをつけ、ひもロックで固定する。さらに念のために帽子のひもを首に通す。
2007年10月 耳当て付き帽子
ケーヨーホームセンター
598円
昨日ナイトランをしたら耳が冷たく感じた。そうかこれからは耳当てが必要だな。で耳当てを見ると結構高い。とりあえずまだいいか・・・
と思っていたら耳当て付きの帽子を見つけた。
なんだ帽子も付いててこっちの方が安いじゃん。おまけにあごで固定できるマジックテープ付きのひもが付いているから飛ばされないし。と言うことでGET。
黒いので夜目立たないのがちょっと気になるが。
2007年11月 虫ゴムとLEDライト2種
100円ショップ
シルク
左から虫ゴム、3LEDライト、スポークライト
どれも105円
虫ゴムは40cm長さのものが3本も入っている。こんなにはいらないが、虫ゴムで苦労したので買ってしまった。
3LEDライトはLR44の電池3本で結構明るい。ま〜ちゃに持たせてもいいと思って買った。
スポークライトはLR1130が3個付いていて素早く点滅する。スポークに取り付けて振動があると点滅するというものだ。ご丁寧にケースにテストスイッチが付いている。点滅は13秒くらいで自動的に消灯した。
こんなのが105円で売れるというのだからすごい。
スポークライトはブレーキランプにできないかな。
2007年12月 コンパス&温度計

100円ショップ
シルク
105円
方角を知るためにコンパスはBOXに入れてあるのだが、走りながら方角を知ることはできない。だからハンドルに取り付けておきたかった。
コンパスは何種類かダイソーにもあったが、どれもいまいちだった。

綾瀬のシルクで見つけたコンパスはコンパクトな上に温度計まで付いていた。
これはいい。

さっそく電池ボックスに取り付ける。
左が温度計 −20℃から+50℃まで
右がコンパス 液体の中で方向板を浮かすタイプ。
この位置に取り付けるとLEDライトで夜でも確認することが出きる。
2007年12月 ズボンの裾バンド
100円ショップ ダイソー
105円×2=210円
ズボンの裾が発電モーターのタイヤにはさまれたり、ペダルのクランクに引っかかったりするので「バンド」を買った。
蛍光カラーで目立っていい。

使ってみると、ただ止めているだけなので下がってズボンの裾が広がってしまう。
きつく締めればズボンが引っ張られて足が動かしづらいし、いまいち。
2008年
2月
自転車ライト電池ボックスのリニューアル
家にあったもの
0円
プラスチックケースがひび割れてしまったので、もう少し大きいケースに入れ替え。
中の回路は変更無し。
これは電池2本を使った3Vタイプだが、昇圧回路を使わない4.5Vタイプも計画中。

3Vタイプと4.5Vタイプはコネクターを共通にして取り替えられるようにしよう。