メリダで行こう! (⌒ω⌒)♪ラン・ラ・ラン~~~〜☆
その51
2010年9月17日 ちょっと平塚の100円ショップまで 走行距離 約30km

夕日に輝く黄金の海 平塚市の田んぼから大山を望む


 2010年9月18日 横須賀水道を走る その3-A (藤沢市・鎌倉市・逗子市・横須賀市) そして三浦半島一周 走行距離 133.31km 積算距離4014.2km 6時出発 20時帰宅
横須賀水道みちを、境川から上流側を走り水源地までは走った。下流側の横須賀まではとても遠い。
逗子市も横須賀市も自転車で行ったことはない。でも江ノ島までの距離の2倍なら、行って来られるのではないか。
最後まで走らないのはちょっとくやしいので、横須賀水道の終着点「逸見(へみ)浄水場」まで行ってみよう。
山側と違って都市を通るので水道みちを見つけにくいだろう。ネットで色々な人が走った記事を読んで下調べ。
だいたいのルートはわかった。横須賀市上下水道局のサイトによると横須賀水道(半原系統)は「平成19年4月より取水停止中」となっていた。
最近は使われていないらしい。でも色々なところから水を確保できるようにしておくことは大事だろう。

さて目的の逸見浄水場までたどり着くことができた。まだ12時だ。このまま帰るのはもったいない。ちょっと観音崎灯台の方まで足を伸ばしてみるか。
灯台まで行ったら欲がでてきてもう少し南下してみようと三浦市まで行った。残念ながら体力と時間がないので城ヶ島はパスしたが、ほぼ三浦半島一周だ。

ようやくスタート地点ある境川に到着。
走ったことのない左岸を走る。

あそこに見えるのが横須賀水道の水道橋だ。
ここまで1時間30分。24.5kmだ。

水道は垂直に地面にもぐっている。向こうに見える森の切れ目が水道みちのあるところだ。

境川の土手からは道がないので、こちらから行ってみる。藤沢市大清水浄化センターの敷地

ところが通行止めだった。向こうに見える森の切れ目に向かっていきたい。

回り道をして「大清水浄化センター」の入口に出た。

ここから右を振り向くと水道みちが続いていた。

急な水道みちを登る。ここまでは登ったが、中腹で限界。

あそこが頂上だ。左に何か看板がある。ここからは押し歩き。

「水道の管理用地なので駐車は遠慮して欲しい」という看板だった。この写真を見ると斜度がわかるでしょ。

頂上付近に水道のマンホールが。

同じ所に「基準点 横須賀市」の銅標が。

しばらく先の住宅地で「仕切弁」を発見。

「制水弁」もあった。

ここには波マーク海の石標が。

先に進むと柏尾川に出た。
これから先は地図にそれらしい直線の道はない。ネットで得た情報により、県道32号を進んで大仏に向かう。

大仏の所に来た。写真は仁王門。
8時45分 32.5km

「観音前」の信号を左に折れ、県道311号に入る。
上りが続く。インナーに入れようとしてチェーンはずれ。

県道311号から離れ、JR横須賀線「逗子」駅に出た。

しばらく行くと「横須賀市水道局」の看板を発見。
この金網の向こうには・・・

水道管が川を渡っていた。

県道24号を走ると「東逗子」駅。この先「逗葉新道」「横浜横須賀道路」のインター付近で横須賀水道はトンネルに入るらしい。

トンネル内は通行できないので県道24号をそのまま進む。京浜急行本線の下をくぐったところで国道16号に突き当たった。「船越町」交差点

トンネルを6箇所くらいくぐったところで横須賀の町に到着。

JR横須賀線「横須賀」駅前にある「ヴェルニー公園」
10年くらい前にここへ電車で来たときは「ずいぶん遠いところへ来た」と思った。
まさか自転車で来るとは思わなかった。4時間ちょっと。

ここには海上自衛隊や米軍横須賀基地がある。

ヴェルニー公園には戦艦などの色々な石碑があった。


景色の良いすてきな公園だ


噴水の縁に腰掛けて記念撮影


海上自衛隊の船が見える

横須賀水道を走る その3-Bに続く


   メリダで行こう! のトップへ