メリダで行こう! (⌒ω⌒)♪ラン・ラ・ラン~~~〜☆
その50

2010年8月22日 横須賀水道を走る その2 (厚木市・愛川町) 走行距離 39.95km 積算距離 3737.0km
先日は横須賀水道を相模川から下ったが、今日は上流側を走り水源地まで行ってみよう。
しかし今日は暑い。こんなに暑いのに大丈夫なのか。用事を済ませ出発は日も高くなった11時頃。

横須賀水道の相模川に架かった橋の右岸(厚木市側)へ行く。ゴミ焼却場の四角い煙突が目印。

水道橋 赤い送水管が見える。今日はここがスタート。

ゴミ焼却場の横を通り過ぎると静かな、真っ直ぐな並木道が続く。

他の道とは斜めに交差し、水道みちは住宅街を真っ直ぐ進む。

この辺りの道は道路の上を注意してみていると、こんなマンホールのふたが見つかる。横須賀水道のものだろう。

空気弁 ところどころでエア抜きをするのかな。ここは厚木市だが、管轄は横須賀市。

こんなのもあった。波マークに錨(いかり)
昔の海軍が管理していたようだ。

住宅地を抜けると中津工業団地に入る。前方の中央分離帯の下に横須賀水道が通っているようだ。

中央分離帯に「水道みち」の標識があった。
ここから愛川町だ。

右側に「水道部」の石標を見つけた。

向こうに見える坂を下りてきた。坂の上からはとても眺(なが)めが良い。

坂を下りたあとは、少し登り坂。お腹もすいたし、この八幡神社の木陰でパンを食べよう。

食後階段を登ってみると神社なのに鐘楼(しょうろう)が。右の地図を見ると「福泉寺」と言うお寺と隣り合わせのようだ。

八幡神社の横にあったハイキングコースの看板。これを見ると今来た道は「水道路」となっているので間違いない。

スタート以来初めて見えた水道管。「馬渡橋」だ。

橋の下は身動きできないほどの車がぎっしり。右の岩の上から子供たちが飛び込みをやっていた。

橋を過ぎると崖崩れの修復中で交互通行。ちょっと車の陰に入っているが赤丸に×印が「停止」のサイン。何秒後に青矢印の「進め」に変わるかカウントダウンされている。ソーラーパネルがついて、この信号機は初めて見た。

前方に見えるのは「日向橋」 この橋は渡らずに左に曲がる道に入る。

中津川ではしゃいでいる若者達を右に見ながら、川沿いの道を進む。通行止めだ。もう少し行けそうなので行ってみる。

通行止めのすぐ左には「主水神」と彫られた石碑が。「取水」場所だからと言うしゃれではないよね。

少し進むと「国土交通省 向原水質観測所」の小屋が。平成年度に建てられたものらしい。

その先は「立入禁止 横須賀市水道局」扉の向こうにはなにやらゲートを開け閉めするのかハンドルのようなものが。

あれ? 「半原水源地」はどこだったんだ? と戻ってみたら通り過ぎていた。


「横須賀市 水道局 半原水源地」

「田代運動公園」付近の中津川もこの通り。

たまに見える水道管は直径5〜60cmくらいにしか見えないが、あんな細い管で横須賀市民の使う水が足りるのだろうか?見るたびに感じる疑問である。

さて横須賀水道は「水源地」から境川の所までは走った。その先は横浜市を通り、横須賀市だ。トンサンは鎌倉から先は走ったことがないので、ほんとに横須賀まで行けるのか心配だが、涼しくなったら行ってみようか。


今日は350ml×1 500ml×1 マクドナルドでマックシェイク×1 家に帰ってから第3のビール350ml×1 麦茶コップ×2を一気に飲み干した。また走行中は塩分補給のため「塩ミルク」の飴(あめ)をなめた。うーん、でもこの飴じゃ塩分足りないか。



2010年8月31日 出掛けようとしたらパンクしていた 
いざ出掛けようとしたらパンク。またも前輪だ。タイヤを見ても刺さっているものは無し。前輪を外してパンク修理。
パッチを貼り付けて「ブクブクテスト」をしたら、ブクブク。あれ、パッチの端から泡が出ている。ここにも穴があるのかなとパッチを重ね貼り。ところがまたも横からブクブク。おかしいな、ゴム糊が悪いのかなと全部はがして違うゴム糊で新しいパッチを貼り付け。今度はOK。どうやらサギサカ製のゴム糊の付きが悪く、ダイソー製品は良いようだ。うーん、自転車用品専用メーカー製の方が悪いなんて。

家での修理なら空気を入れるのも楽。水とバケツもあるし。

今回の修理箇所。接地面側がパンク。

初めてのパンク(2010年4月6日)箇所は、チューブにとけ込んでいるようにきれいに付いていた。


2010年9月7日 出掛けようとしたらまたパンク 
1週間前に直したばかりの前輪が、またもやパンク。
原因は前回の修理箇所からだった。少しずつ泡が出てくる。前回の修理では泡のでないことを確認してタイヤを取り付けたのだったが。
うーん、パンク修理は奥が深い。


1週間前にふさいだはずの穴から気泡が

パッチの上から別のパッチを貼り付けて、さあどうだ
なんだかここだけチューブが厚くなってしまった



2010年9月15日 久しぶりに「つっかけペダルベルト」で走った 走行距離 16.67km 積算距離 3850.1km
夏の間はかかと付きのサンダルで走っている。サンダルでは「つっかけペダルベルト」を使えないので、ペダルの反対側で走っていた。
だから引き足も使えないし、足が固定されないので思い切り力を入れてペダルを踏めない。
右足 左足
今日はちょっと涼しいので(気温24℃) 久しぶりにスニーカーを履いた。
そして久しぶりに「つっかけペダルベルト」を使ってみて、その威力をあらためて感じた。
加速力が違う。グングン加速する。登り坂も1段高いギヤが使える。ケイデンス(ペダルの回転数)も早くできる。
ゆるい登り坂をセンター-3速で30km/hで登ってしまった。
そしてペダルと足が半固定されるので、安定した走りができる。重さ25kgの自転車とは思えない軽快な走りだった。
荻野運動公園まで、久しぶりに気持ちのいい走りができた。

   メリダで行こう! のトップへ