メリダで行こう! (⌒ω⌒)♪ラン・ラ・ラン~~~〜☆
その17
2010年1月23日 藤沢七福神めぐり 63.27km 積算距離2033.5km 8:45出発  15:40帰宅
天気がいい。ふぅさんが行った「藤沢七福神めぐり」に行ってこよう。今月いっぱいだ。
スタンプ帳は小田急の駅に置いてあるというので、本厚木駅へ。どこにも無い、時間のロスをした。(もしかしたら改札内にあったのかな) では片瀬江ノ島駅で手に入れよう。

国道129号を南へ向かって走る。と、後ろからローディの3人組が追い越していった。
あれあれ、信号が赤なのに横から車が来ないことをいいことに信号無視をした。トンサンはキチンと止まる。
あの程度のスピードなら追いつける。約、時速30kmだ。次の信号も赤なのに止まらない。
トンサンはどなった「こらっ、信号守れ! はじさらし! 」
最後の一人に聞こえて、最後尾だけ止まった。するとすぐに青になって追いつかない。次の信号で先頭の者を捕まえてやろうと思った。
赤で止まったかと思うと、すぐに信号が青になり、なかなか追いつかない。
残念、戸沢橋のところまで来てしまった。彼らは真っ直ぐに行く。トンサンは戸沢橋を渡って寒川方面へ。
ああいう奴らがいるから自転車乗りの評価を落とすのだ。ペダルから足が離しにくいと言っても、信号無視をしていいという言い訳にはならない。つっかけペダルベルトをはめなくてはいけないトンサンだって条件は同じだ。でもキチンと信号は守っているぞ。

さて時速30kmをしばらくキープして走ったのですっかり疲れてしまった。茅ヶ崎から国道134号線の歩道を走る。
どなたかのブログに「海沿いのサイクリングロードに砂は無かった」と書いてあったので、海へ出る。
相変わらずランニングしている人・散歩の人・それにあちこち海岸を工事していて工事の人もあちこち歩いている。
それに・・・砂だらけだ。厚く砂が道をふさいでいて、どうしても乗ったまま通過できないところが4箇所。もうダメだ、歩道に戻ろう。やっと片瀬江ノ島駅に到着。スタンプ用紙を手に入れた。地図を見ると江ノ島から北上するのがよい。よし、スタートは江島神社だ。でもその前に少し早いけどお昼にしよう。マクドナルドでゆっくり食事。

江ノ島へ渡るには車道を走りたかったが、一応交通規則を守って歩道をゆっくりと走る。押し歩きもかえって幅を取って歩行者の迷惑になるし。でも何で車道を走ってはいけないのだろう?
理由がわからない。このルールを守らない者もたくさんいるが、取り締まりをしているのを見たことはない。トンサン的には歩行者のいない車道の方が気を使わなくて走れるのだが。

そうだ、ま〜ちゃが「ぬれせん」が食べたいと言っていた。おみやげに買っていこう。
江ノ島から戻り、地下通路を押し歩き。龍口寺に行く。このお寺の前は江ノ電が路面電車となる絶好の撮影場所だ。ここは何度か通っているがお寺の中に入るのは初めて。大きなお寺だ。

残りの5寺社は少し離れたところにある。東海道線を越えたところにみんな集まっているのだ。
まず良く知っている藤沢橋を目指して進む。感応院→諏訪神社と回り、常光寺を目指しているところでわからなくなり、地図を見ようと自転車を止める。すると後ろから「どこかお探しですか?」との声。振り向くとおばあさんが立っていた。「常光寺を・・・」と言ったら「通り過ぎてきましたよ」とのこと。「消防署を目当てに来たのですが、わからなくて」「まぁ、あの大きな赤い消防車が目に入らないなんて」と言われてしまった。車道を走ってきたからなのか注意していたが、消防署はわからなかった。
おばあさんも七福神めぐりをしているという。3日間掛けて少しずつ歩いて回っているとのこと。
この先の白旗神社・養命寺・皇大神宮の行き方も教えてくれた。
戻ると確かに消防車が止まっていた。すぐ脇を入ると常光寺だった。

白旗神社・養命寺もすぐにわかり、さあ最後の皇大神宮へ。スタンプを押していると「おや、さっきのおじさんじゃない」とまた後ろから声を掛けられた。ふりむくとあのおばあさんだった。
ここでもまたひとしきりおしゃべりした。おばあさんは明日最後の江島神社に行くという。藤沢七福神は第13回となっており、始まった最初の年から回っているそうだ。今77歳だと言うが、とても元気そうだ。
厚木から自転車で来たと言うとちょっと驚いて「藤沢まで来なくてももっと近いところにも七福神があるよ。さば・サバ・鯖・・・という七福神もあるらしいよ」という話を聞いた。今度調べてみよう。
市役所で100円の手拭いを手に入れることを言ったら、市役所までの道も詳しく教えてくれた。そのおかげで迷わず新館1階に行くことができた。

おみやげも買い、手拭いもゲット、さぁ あとは帰るだけ・・・と思って走っていたら思い出した。おかあに「どこかの農家で100円のネギを売っていたら買ってきてね」と頼まれたのだったっけ。
思い出したところのすぐ先に、前にも買ったことのある農家の無人販売の店が。新鮮なネギがあった。買っていこう。今日も農家のおばさんとあった。100円玉を手渡しながら思い出した。前に買ったとき、このおばさんから愚痴を聞いたのだった。
「さっき外車を止めて買っていった上品そうな女の人は、100円しか入れないのに3袋持っていったのよ」箱のお金はすぐに回収するので、入れた金額がわかるらしい。おい、お金持ちっぽい人 セコイ事するなよ。


おなじみのモニュメントの脇ではなにやら工事中


海辺のサイクリングロードの横も工事中


国道134号線の下にトンネルを掘っている!? ? なんで?


:下水道の貯留管を作っているとのこと


家からここまで26.89km 10:50 ちょっと早めの昼食


江島神社 11:37 今日も観光客でにぎわっていた 弁財天前


龍口寺 家からここまで29.38km 12:01


感応院 家からここまで34.29km 12:34


すじ雲 いい天気だ


諏訪神社 家からここまで34.56km 12:44


常光寺 家からここまで35.92km 13:00


白旗神社 家からここまで36.59km 13:09


養命寺 家からここまで38.11km 13:22


皇大神宮 家からここまで39.81km 13:37


おかあに頼まれたネギがはみ出している  (>ω<)プッ!


ま〜ちゃが好きな「ぬれせん」のおみやげも買った


全部回ったので記念品の「開運干支暦手拭」を100円で買ってきた



2010年1月25日・26日 メリダのメンテナンス 
特にどこも調子は悪くないがメンテナンスをする。
フレームや泥よけのほこり拭き取り。前ブレーキの引きしろが大きいので、ワイヤーを引っ張って詰めてみた。ブレーキシューはリムに接近したが、レバーのひきしろは変わらず。とりあえずこの状態でハンドル側のアジャストボルトを調整した。リムのブレーキゴムの汚れをパーツクリーナーで落とす→あまり落ちない。各ワイヤーへのCRC5-56吹きつけ。チェーンのオイル追加と拭き取り。各ボルト類の増し締め→今回はフロントブレーキのフレーム取付ネジが緩んでいた。ブレーキシューの清掃。取付は進行方向に向かって「ハ」の字型に。ブレーキの片効き調整→これがいつも難しくてうまくできない。
リアディレイラーの調整も難しい。シフトしてみると3速目がはずれそうな感じだったので、ストローク調整をしてみた。→これをやると良くなるのかどうかもわからない。まだまだしくみが理解できておらず、調整はあてずっぽう。本に書いてあっても詳細まではわからない。経験を重ねることでしくみが理解できるようになるのだろう。

サドルはもう少し高くてもいいかなぁと思っていたので、高さを測定した。BB中心からサドル上部まで665mmあった。
計算上は次の高さが理想である。
股下サイズ(150mm幅に足を広げ股下に50mm幅のプレートをはさんで裸足で測定する)・・・トンサンは750mm
サドル高さ計算式
股下サイズ750×初級レベル計数0.87+5・・・657.5mmとなるので現在の実測値665mmは7.5mm高いことになる。
と言うことは今以上に高くはできない。ならばハンドルを下げればいいのだが、あまり下げたくない事情がある。
おかあとま〜ちゃの自転車が手前に有り、一直線に家の狭い隙間に置いているので、出し入れの時ハンドルがぶつかるのだ。
それでメリダをちょっと持ち上げれば、おかあとま〜ちゃの自転車のハンドルを越せるように高めにしておきたいのである。
またかごを付けているのでハンドルを下げるとかごを支えているランプ受けとの距離が狭くなり、かごがしっかり固定できなくなる。と言うわけでハンドルの高さもそのままにする。

ブレーキレバーが起きあがり気味なのが気になっていた。ブレーキレバーは腕の一直線上に無いといけない。手首が疲れるのはこれが原因か?
メンテナンス本には「それが原因だ」と書いてあった。水平に近かったレバー角度を下げた。ウインカーライトも下がってしまったので、新しく黒色の針金で取付直した。

フロントブレーキ
ブレーキ本体(黄色)がセンター(青色)に対して右に傾いている。
ブレーキレバーを握ると片効き。

左右のこのネジ(黄色矢印)を回して、バネ(青色矢印)の張り強さを変え片効きを直すのだが、これがうまくいかない。

リアディレーラー調整 
テンションプーりー(黄色矢印) ガイドプーりー(青色矢印) このガイドプーりーの位置調整をする。

ストローク調整
ガイドプーりーの位置を調整する。青色矢印「L」のネジを回し低速側(ギヤの大きい方)のギヤとガイドプーりーの位置を合わせる。
黄色矢印「H」のネジを回し高速側(ギヤの小さい方)のギヤとガイドプーりーの位置を合わせる。
ペダルを回転させ、シフトがスムースにできることを確認する。


従来の角度


ブレーキレバーを下げた



2010年1月31日 久しぶりに境川サイクリングロードを走る 51.19km 積算距離2120.0km 11:00出発  16:00帰宅
国道246号→大和→境川サイクリングロード(藤沢大和自転車道)→藤沢橋→引地川→県道22号線→用田→戸沢橋→厚木
たった51kmしか走っていないのに今日は疲れた。暑かった。写真は着ていたスウェットシャツ青色を脱いでヒートテックタートルネックシャツの上にベスト。上はこれ2枚。下はチノパンの下にヒートテックタイツをはいていたが、暑くて脱いだ。
今日は短パンで良かったなぁ。明日の晩は雪が降ると言うが。

鷺舞(さぎまい)橋で。いつもの手作り三脚を地面に置いて、方向は勘で撮った。
今度のカメラは三脚取付ネジが本体中央にないのでバランスが悪く、立てるのに一苦労。何か工夫が必要だ。
今日は鷺舞(さぎまい)橋を渡り「境川遊水池情報センター」へ寄ってみた。中に入るのは初めて。
パンフレットを見ると、ここは大和市でも藤沢市でもなく横浜市になるのだ。
お昼をまだ食べていない。パンでも売ってないかと思ったが何もない。仕方がない、途中で買ったキャラメルと飲み物で一時しのぎ。藤沢に着いてからマクドナルドでも寄ろう。
藤沢橋に着いた。どうやって帰ろうか、やはり引地川へ出て県道43号→県道22号がいいだろう。引地川までの途中にマクドナルドもあるし。
ところがこのマクドナルドものすごく混んでいた。なぜだ時刻は14時を回っているのに。並ぶのがイヤなので別の店にする。
県道43号の右側歩道を走っていると道の反対側に「すきや」・・・牛丼もいいな、でも道を渡らないといけないしな。と思ってそのまま走っているとこちら側に「松屋」と「吉野屋」の看板が、何だここは牛丼屋のオンパレードだな。
どちらにするかなと考えながら走っていると「吉野屋」の手前の信号が赤に。じゃあ信号手前の「松屋」に入ろう。
自販機で券を買って店内を見渡すと店員はおばさん一人。あちこちの客に「すみません、少しお待ちを」を連発している。
本当にひとりしかいない。客は15時に近いというのに8人もいる。え、時間がかかりそうだなぁ。でも券を買っちゃったからなぁ。
おばさんは手際よくこなしているが、でも一人だ。こりゃあきらめてじっくり待とう。
券には14:45と打刻してある。出てくるまでの時間を計ると13分だった。牛丼屋で13分も待ったのは初めて。まあ急ぐ旅ではないし、疲れもとれるからいいだろう。食べているとバイトらしい女の子が店の奥に入った。でももう客はほとんど食べ終わって店を出ていた。遅かったね。

家に帰ってお風呂に入ると左足の膝に傷。そうだ大和から境川に出るときに道に迷い、行き止まりの駐車場でUターンした。ここの駐車場が舗装されていないじゃりで急旋回したために滑って転んだのだった。
そして倒れたときに、後ろの荷台のBOXが地面に当たり、とめていた針金が外れてBOXがカタカタ鳴ったので途中で直したのだった。
振り返って見るとスタートからついていなかった。
出発してまずサイクルベースあさひに寄って「人材募集しているので店長に会いたい」と言ったら「今日から4日間お休みです」と言われた。3回店長に合いたいといっていつも店長不在で会えない。

何度来ても店長不在しかも4日間は会えない・転んで膝をすりむきBOXの針金はずれる・お昼が遅くなった上に待たされる
今日は凶だな。ま、こんな日もあるさ。


    メリダで行こう! のトップへ