自転車のギヤ比について

通チャリ2号 内装3段
1速 2速 3速
33T 14T 1.73 2.36 3.21
33T 16T 1.51 2.06 2.81
33T 18T 1.34 1.83 2.49

通チャリ2号の後ろスプロケットは標準で14Tが付いている。現在は改造して16Tが付いている。
登坂時 14Tの場合は1速が1.73なのでクランク1回転でタイヤが1.73回転するが、16Tの場合は1.51回転になり少し楽になる。
しかし3速でスピードを出そうとしても、3.21回転が2.81回転に落ちてしまうためスピードはでなくなる。

通チャリ1号 内装3段
2010年1月10日 ま〜ちゃの希望で18Tのスプロケットに交換した。
1速 2速 3速
32T 14T 1.68 2.29 3.11
32T 18T

1.3

1.78

2.42

メリダ クロード9200SX 外装21段(3×7)
  1速 2速 3速 4速 5速 6速 7速
  28T 24T 22T 20T 18T 16T 14T
アウター 48T 1.71 2 2.18 2.4 2.67 3 3.43
センター 38T 1.36 1.58 1.73 1.9 2.11 2.38 2.71
インナー 28T 1 1.17 1.27 1.4 1.56 1.75 2

メリダにすると前インナー28T・後1速28Tを選択するとギヤ比は1なので、通チャリ2号の16Tの1.51と比べ登坂は大分楽になるはず。しかし通チャリ2号の26インチタイヤに対し、メリダは700Cタイヤと大きいのですこし相殺される。

アビオス・プレイヤー 外装14段(2×7)
  1速 2速 3速 4速 5速 6速 7速
  28T 24T 22T 20T 18T 16T 14T
アウター 48T 1.71 2 2.18 2.4 2.67 3 3.43
インナー 36T 1.29 1.5 1.64 1.8 2 2.25 2.57

アビオス・プレイヤーはトンサンの自転車仲間「ふぅ」さんのクロスバイクだが、アウター48Tで走る場合はメリダとギア比は全く一緒。しかし26インチタイヤのアビオス・プレイヤーに対しメリダは700Cタイヤなので、クランク回転数が同じ場合メリダはスピードは出るが重くなる。

ESCAPE R3 外装24段(3×8)
  1速 2速 3速 4速 5速 6速 7速 8速
  32T 28T 24T 21T 18T 15T 13T 11T
アウター 48T 1.5 1.71 2 2.29 2.67 3.2 3.69 4.36
センター 38T 1.19 1.36 1.58 1.81 2.11 2.53 2.92 3.45
インナー 28T 0.88 1 1.17 1.33 1.56 1.87 2.15 2.55

大ヒットのクロスバイク ジャイアントのESCAPE R3はワイドレシオになっており、0.88のギヤ比で登りに強く、4.36のギヤ比で高速にも強い。
しかしワイドレシオのため、中間の常用域での「少しレンジを変えたい時」に対応していないため使いづらく、後ろスプロケットをナローレシオに交換する人もいるようだ。



ギヤ比の計算は「自転車探検!」さんのサイトを使わせていただいています。