通チャリで行こう! (⌒ω⌒)♪ランラン~~~〜☆

その23 

走った日

どこへ?

走った
距離
km

積算距離
km

感 想

2009.3.14
厚木→伊勢原

31.42

3752.7
ネットで見つけた伊勢原市の自転車店「シーエイチドンキー」へ。どんな自転車を扱っているのか、部品はどんな物を置いてあるのか色々見ていると店長は「捜し物があるなら声をかけてくださいね」と言ってきた。そこで「サドルを後ろへ下げたいので曲がったシートポストを探している」と言った。
店長はまず通チャリのシートポストの直径を測り、曲がったシートポストを探したが無い。そこで「サドルをこういうものに替えれば少し後ろへ下がる」という。値段は少し高いが、今使っているゲル入りのサドルカバーがよれてきたので買ってみることにした。
サドルの写真は装備・整備6で。

2009.3.28
荻野方面

23.61

3787.1

今日は久しぶりに自転車に乗る。重い。体重も重くなったと思うが、いつもの荻野の坂が苦しい。
BELOのサドルでまだ30kmちょっとしか走っていないが、まあおしりは痛くならなそうだ。
写真はいつものマインマートで焼酎を買って荷台にくくりつけたところ。ちゃんとひもが役に立っている。
前かごにはユニクロで買ったズボン、ミーツで買ったヤスリとハンガー、ダイソーで買ったスパナや、上着、レジャーシート、紙パック入りのお酒、ソーセージなどが満載。

 大垂水峠越え

走った日

どこへ?

走った距離
km と
時刻

積算距離
km

感 想

2009.4.4
相模川東岸→ふれあい科学館→高尾山→20号 大垂水峠→相模湖→412号 三ヶ木→半原→荻野

82.21

9:00〜
18:00

休憩など2時間

3869.3
サドルを交換して長距離を走ってなかったので、おしりが痛くなるかどうか試しに長距離を走ってみた。
最初は小倉橋まで行って引き返すつもりだったが、小倉橋の場所がわからなくなり「ええいっ、高尾まで行ってしまえ」とペダルを漕いでしまった。
高尾山口駅に着き、ケーブルカーで高尾山に登ってみようかと思ったが、片道570円もするのでパス。歩くと往復200分なので登らず。高尾せんべいのおみやげを2つ買った。
時刻は1時。ここで前回あきらめた大垂水峠越えをやってみようと20号を走る。狭いし、砂利トラや荷物輸送の大型トラックなども多く、非常に走りにくい道だ。対向車線はローディがいっぱいやってくるが、こちらから行くのは少ない。スピード取り締まりをラブホテルのところでやっていた。ここで休憩し様子を見ていると、次々につかまっている。
制限速度40kmなのだが直線なので、ついスピードを出してしまうのだろう。
後ろからMTBの若者がきた。しばらくしてもう一人きた。よしトンサンも頑張ろう。しかしかなりきつい坂だ。先ほどの若者一人が休憩していた。トンサンもここで休む。若者に先に行ってもらい後からトンサンがついて行くが、少し離された。ケイデンス(ペダルの回転数)が大分違う。やはりあと1・2段は低いギヤが欲しい。
峠頂上のところで追いついた。もう一人の若者が待っていた。これからハイキングコースに入ってみると言う。MTBにはMTBの楽しみ方があるものだ。
相模湖に降りて休憩し、412号で帰ることにした。
しかし412号は大分アップダウンがあり、もうがんばれないので、きつい坂では無理をせず歩いた。
歩きながら「歩道を押して歩くのが恥ずかしくないのはママチャリの特権かな」と思った。(@^ω^@)


新戸の芝桜 まつりの準備中で大凧の骨組みも横たわっていた。

高尾山口駅に着く頃は暑くて1枚脱いだ。11時54分

ケーブルカー駅広場の桜は満開だった。

大垂水峠最高地点。若者二人はハイキングコースへ向かった。通チャリのコントロールBOXに興味を持ち、写真を撮られた。
ここから先は下り。
やれやれ

ついでに相模湖駅にも寄ってパチリ。

相模湖は穏やかに光っていた。
おしりの痛さは大丈夫だった。
20号は滑り止めのゼブラ模様で走りにくかった。
制限速度30kmの道を40kmオーバーで走っていたが、それでも抜かしてくる車があった。
40kmを越えるとハンドルのぶれが気になった。
普通ママチャリではださない速度なので無理があるのだろう。
20号のように曲がりくねった道で40kmを出すには、カーブでかなり自転車を傾ける必要がある。ペダルが路面と当たらないようにすることはもちろんブレーキングにも気を使う。また路肩ギリギリは砂が集まっていて滑る危険があるので、余り端を走らない方がいい。
今日のRANでハブダイナモ・サスペンション付き前輪・外装でもいいから12段くらいのギヤがついた自転車が理想なことが少しずつわかってきた。



 伊勢原 渋田川

走った日

どこへ?

走った距離
km と
時刻

積算距離
km

感 想

2009.4.11
渋田川(伊勢原市)

24.33

9:20〜
13:30

休憩など1.5時間

3887.6
春うらら・・・ではなかった。今日は暑かった。
天気がいいので隣の伊勢原市にある渋田川の芝桜を見に行った。
出掛けようとすると「私も行こうかな」とおかあ。
おかあが自転車で行こうなんて初めてだ。
道がよくわからないし、車道は走らないと思うので先導させる。
おかあはいつも乗っている自分のママチャリではなく、ま〜ちゃの自転車(通チャリ1号)に乗って、ギヤチェンジ無しのまま橋の坂を登っていく。結構速い。
いつものママチャリと比べて乗り易いという。そうだろう、ママチャリの2倍近い値段だ。見た目ではわからない値段の差がここにある。
ママチャリでは遠出しようと思わないが、通チャリならちょっと遠くまで行ってみようと思うものだ。

途中道に迷いながら渋田川につく。もう見物人でいっぱいだ。桜(そめいよしの)はすでに散り始め、川面を柔らかいピンクに染めている。
川縁の農家で新鮮なトマトとキュウリを買う。丸かじりが楽しみ。
伊勢原市のホームページによると芝桜は毎年植えているそうだ。おかあは今年は植え方がまばらだと言っていた。
写真撮影をしてからおかあと別れ、トンサンは平塚の四宮にできたサイクルベースあさひに向かう。
ハブダイナモ付き、フロントサスペンション付きの12段以上の自転車を探すが、条件を満たす物は置いてなかった。こうしてあれこれ自転車を眺めている時間が楽しみになってきた。


色々な色の芝桜が混ざって植わっている。

芝桜が植わっているのは片岸だけ、両岸に植わっていたらもっとすごいだろうとおかあと話した。

こちらは渋田川の一つ手前の川の土手。

川の中まで菜の花がいっぱい咲いていた。


   装備・整備7へ